当サイトについて


当サイトは、フィクションです。
全ての情報に関して、一切の責任を負いかねます。
参考・実践などは、全て自己責任にて行ってください。

2017年5月27日土曜日

GSX-R1000 個人用メンテナンスノート

27,500km

ブレーキフルード・FR交換

Fブレーキパッド交換

Fキャリパーピストン清掃揉み出し

エンジンオイル交換

カスタムジャパン OIL064 BIGBIKE MA/SJ 10W-50

2017年5月8日月曜日

凹んだタンクvs100均グッズ GSX-R1000

ゴールデンウィークの中日、随分と天気が良いが予報では午後から雨となっている。
それじゃガレージ作業でもやっていましょう。

先日、R1000を乗り回した休憩時にスタンドの出し方が甘かったんですな。

ガッシャーン!!!

えぇ、タンクが凹んでしまいましたよ。
そんな訳で今回はヘコミのリペアにチャレンジです。

以前目にして気になっていた補修道具がコチラ。

しかし、連休中は発送されないようなので購入は見送りました。

今回はコチラの代用道具で挑みたいと思います。
以前、ダイソーで購入したグルーガンとホットボンド。
引っ張りに使う材料は、そこらへんに転がっていたL字金具。

作業前のヘコミ具合の写真は撮り忘れてしまいました。(^-^;
チャレンジ1回目。
たっぷりとボンドを塗ったくって接着します。
冷えて固着したところに金具の穴へ工具を突っ込み引っ張ってみると、かなり強力に喰いついております。
フレームに足をかけ全身で力を入れないと外れません。

ウヲぉーリャーとフルパワーで引き抜きボンドを剥がした結果がコチラ。
わずかですが引き出だされております!

こいつはイケると、2、3回目に挑むが何故か喰いつきが悪い。
訳はボンドをタンクに盛ってしまっていたから。
金具の方に盛るべきでした。
ついでに接着面をグラインダーで荒らして接着強度向上を狙ってみた。


4回目からはワークの上にボンドを乗せ、バーナーで直接炙って溶かして接着。
かーなり良い感じです。

5回目の結果。
よしよし、順調です。
このまま張り切っていきましょー!





おっーと、ここで・・・










【悲報】塗装、剝がれる!!!【悲報】
今回の施工でかなり目立たなくなり喜んでいましたが、ボンドを剝がしにかかっていたところのトラブルでした。
純正の塗膜まで剝がれ、地金が出ております。

もうね、しっかり心折れちまって終わりにしましたよ。

しかし、100均ボンドは侮れませんな。
塗装を剥がす接着力です。
場所によっては両面テープなんかより使えるかも。

あ、感の良い方なら気づいていたかもしれませんが、ボンドを剥がす作業が非常に面倒です。
カッターなどで削ぎ落とし薄くしてから最後にパーツクリナーで拭き取ると剥がしやすかったです。

2017年3月30日木曜日

FIエラー再び GSX-R1000 '02

春の雨がシンシンと降り続いた日曜日。
こんな日は、ガレージにこもりメンテナンスを行うことにする。
GSX-R1000 '02
先週の”CPW NIGHT RUN”辺りからFI警告ランプが点灯するようになっていたので、吸気系をチェックしてゆこう。

エアクリーナーボックスを外そうとカプラーをドライバーでこじっていたら・・・
エアクリーナーボックス GSX-R1000
パキッ!!!
割れちまったよ。orz
初っ端のアクシデントにめげそうになるが、気を取り直して作業続行。

エアフィルター GSX-R1000
汚ったないね。(^_^;)
エアフィルターを交換しときましょ。

ブローバイガス・エレメント GSX-R1000
ブリーザパイプのエレメントが劣化しまくってボロボロに。
導入口周辺には、乳化したブローバイガスも少し溜まっていた。

で、交換用のエレメントがないので代用品を物色しておると軍手を発見。
「織り目も粗いし、良いんじゃね?」
軽~く、つめておきました。

ボックス内の清掃や、センサーを磨いたりして

エアクリーナーボックス・カプラー GSX-R1000
割れた破片をリピートタイで固定し作業完了。

暖気してブリッピングした様子は、良い感じ。
FIエラーランプも点かない。
来週は、実走して様子見だな。